不動産を購入する際の確認事項

不動産を購入するときは、契約の手順を把握する必要があります。

契約に至る手前の段階で、必ず確認しておきたい事項もあります。

実際に購入するかどうかを決める判断基準は、基本的に不動産物件そのものですが、手順や確認事項に不備があるときは、後日にトラブルが発生することもあり得るため注意が必要です。

ガジェット通信情報選びをサポートします。

一戸建て住宅を購入するときは、新築でも中古でも、設計図面の有無を確認します。

設計図面には施工状況も記載されていることがあります。


設計図と施工図が別々のこともあります。

原本であることよりも、コピーでも良いので正確に読み取れることが重要ポイントです。

設計図面があれば、定期メンテナンスや将来的なリフォーム工事をスムーズに行なえます。設計図面がないと、作業内容や工事状況によっては設計図面を起こさなければならなくなることがあるため、設計図面作成の費用コストが発生します。

日野の不動産の情報が沢山詰まったサイトです。

極端な例ですが、設計図面を受け取ることができないことは、数十万円から百万円単位の費用コストが将来発生する可能性があるのだと言っても良いでしょう。



万が一に施工不良が発見される場合でも、設計図面と現況との比較は重要です。


設計図面を受け取れない不動産物件の購入は慎重になったほうが良いですし、図面の有無確認をしなければならないことも実は問題ありと警戒して良い状況です。
質問するまでもなく、設計図面や施工図面を見せながら説明したり、設計図面や施工図面を受け取れることが約束されるのなら、購入手続きに入っても大丈夫だと判断できます。